早漏の解消と妊娠の関係

人は子どもをつくるためには性交を行う必要があります。
科学の進歩した現代では、体外受精など性交を行わないで、妊娠させることもありますが、多くの場合、これは体に問題がある場合に取るべき措置であり、基本的にはやはり性交が必要となります。
しかし、性交をすれば必ず妊娠するというわけではなく、男性のある症状が原因となり、妊娠しづらいということも言われています。
それは早漏です。

早漏は射精のタイミングを自分でコントロールできないために起こってしまいます。
これは男性だけの問題ではありません。
早漏のために、女性が肉体的、精神的に満たされる前に性交が終わってしまい、関係がギクシャクしてしまうこともあります。
また、自分の意志で射精できないと、子宮の近くまで挿入できず、妊娠の確立を下げてしまうことになりかねません。
また、望ましい性交は、男性と女性が同時に絶頂を迎えるもので、精子がスムーズに子宮内に入ることができ、妊娠の確立を高めます。
しかし、早漏のために、こううまくいかないことがあります。
そこで、早漏を解消する方法を考えなければいけません。
解消法として有名なのが包茎手術に代表される包茎治療です。
包茎の場合、亀頭が勃起時にのみ露出するため、外部の刺激に極めて弱く、意志に反して射精してしまいます。
そこで、普段亀頭を覆っている皮を取り除き、刺激に強い亀頭を手に入れる必要があります。
手術で皮を取り除く場合、包茎の種類により一般的な病院であれば保険がききますが、仕上がりは悪いので、仕上がりを気にする場合は、専門医に行くべきです。
そうすることで満足のいく結果を得ることができます。

このように、早漏は妊娠を考えたときに障害になりかねないので、包茎手術などで解消してから性交をする必要があります。